便秘に悩んでいた私がどのように便秘を改善していったか

皆さんは便秘の苦しさを知っていますか。

私は長年便秘に苦しまされていました。だから便秘の苦しさを誰よりもわかっているつもりです。

そんな私がついに便秘を改善することが出来ました。

今回はその体験談などを交えながら改善方法を紹介していきたいと思います。

私は現在25歳なんですけど便秘になり始めたのは高校一年生のときです。

つまり16歳ですね。初めはなかなかトイレに入ってから便を出すのに時間がかかりました。

しかしある時を境にトイレに行っても便が出なくなりました。

その時に自分は便秘にかかっているんだとわかりました。

まさか高校1年生で便秘になるなんて思っていませんでした。

便秘になった人ならだれでもわかると思うんですが、腸のあたりになにかずっと詰まっている感覚が四六時中あるんです。

別に痛くないんですけど、詰まっているという感覚がイライラしてきます。

最初は数日したら便が出て楽になるだろうと感じていました。

しかし便秘というものはそんなに甘いものではなかったのです。

確かに四日に一度くらいは便は出ます。

しかしその間に他の便がたまってきているので便を出しても便が詰まっているという感覚がなくならないんです。

便秘は毎日便を出さないと便秘から解放させないのです。

そう地獄が永遠に続くんです。

しかし本気で気にしていなかった私は軽く解決方法を調べて、数日試してみて結果がでなくてあきらめるといった感じだったんです。

しかしある出来事を境に本気で治そうと思いました。

私は会社に勤めていて、立場も結構高い地位にいます。

そんな私が大事な会議に出ていた時に急に便意が襲ってきたんです。

便秘なのでいつ便意が来るかわからないんです。

我慢できなかった私は会議を後にしてトイレに行きました。

そしてそのあと当然のように上司に怒られてしまいました。

その時に私は本格的に便秘を治さないといけないと思いました。

便秘を治そうと本気で誓った私はまず食生活から変えていくことにしました。

食物繊維が豊富な食生活です。

食物繊維は消化しないのでそのまま便になるので便秘には最適と言われています。

そのほかには大学時代、教授がオールブランは便秘に最高に聞くと言っていたことを思い出してオールブランを朝食べるようにしました。

そして1週間くらいして毎日便が出るようになりました。

こうして私の長い便秘生活が終わりを迎えました。

もし便秘に苦しんでいる人がいたらこの記事を見てなにかの励みになったらいいと思います。